トンボ 縁起 良い 幸運 勝利



昆虫の中でもトンボは、子供や大人に関係なく多くの人に愛されており、古くからトンボに因んだ数多くの童謡が残されている事でも分かりますよね。

大空を一直線に飛んで行く姿や薄くて壊れそうな翅を使ってどんな昆虫よりも俊敏な動きができるトンボはやはり魅力的です。


そんなトンボに纏わる話は日本と海外では全く違った意味に捉えられており、海外ではドラゴンと同様に邪悪なイメージがもたれているようです。

今回は、トンボは縁起が良い虫ってほんと?幸運や勝利をもたらす?について解説いたします。

スポンサーリンク

トンボは縁起が良く幸運をもたらす?

秋の風物詩でもあるトンボは世界中に分布しており日本では、後戻りせずに一直線に前に進んで行く飛び方や、肉食性で害虫を食べる事から勝虫と呼ばれ、縁起の良い虫として扱われてきました。


それは、古くからも語られており、トンボの飛び方が「不転退」とされ、退くに転ばず、決して退却をしないと言う武士道の精神を表わすとして多くの武士に愛されてきたようです。


また、害虫を捕食するため、水田耕作にとっても益虫であり昔から稲を守る虫として穀霊の象徴ともされ幸運をもたらすと言われてきました。


懐くトンボ♪

勝利をもたらすとして戦国武将に愛されていた?

トンボ 縁起 良い 幸運 勝利



トンボを勝虫とされるのは、歌舞伎の発祥よりずっと以前からの事であり、俊敏で力強く一直線に空を飛んで行く姿から勝虫の名がつき、戦国時代から戦に勝利する「しるし」として兜などの武具に好んで用いられたとされています。


また、古事記では雄略天皇が狩りをしている最中にアブが腕に噛みついた際に素早くトンボが銜えて飛び去った事から勇猛果敢で勝負強い虫として勝虫の名がついたと言う説が残っています。


今現在も、様々なモチーフに使われる事もあり日本では幸運の象徴として扱われ続けているようです。

海外では違う意味がある?

日本では勝虫や益虫、又は縁起物として良いイメージが多いですが、海外では全く真逆なイメージとして捉えられており、Flyingadder(空飛ぶヘビ)のような不吉を意味する国もあるようです。


また、トンボを英語で表記するとDragonflyで(ドラゴン=竜)のイメージがあり、ドラゴンは邪悪なものである事から、トンボも悪魔的な存在となり災いをもたらすと言われています。


ヨーロッパでは、魔女の針、或いは悪魔の針と呼ばれ、カミソリの刃のように見える翅に触れると切り裂かれる・・・、更には嘘をつくと口を縫い付けてしまう、或いは耳を縫い付けると言う迷信まであるようです。


ここまで嫌われるトンボが可愛そうですが、国によって様々な捉え方がある事に驚いてしまいましたね。

祖先がトンボになる、と言う話がある?

トンボ 縁起 良い 幸運 勝利



海外では嫌われるトンボでも日本では古くから愛され親しまれてきたことは分かりますが、勝負ごととしての勝虫だけでなくスピリチュアル的な捉え方も言い伝えられています。

トンボは、不完全変態を経てだいたい7月中旬から8月の終わり頃にみられることが多く、ちょうど旧盆に近いころに現れます。

その為、古くからトンボは祖先を送り迎えする遣いと言う言い伝えがあり、家の中を一周して出て行ったときは、祖先が家に帰ってきたと考えるようです。


また、全身が真っ黒のハグロトンボは先祖の魂が姿を変えたものと考えられており、カミサマトンボとして田の神の化身として考えている地域もあります。

しかし、祖先の霊が憑依する昆虫にはトンボの他にも蝶などもおり、出現する時期がお盆にあたる事からこのような言い伝えになったと言えますよね。


つまりは、トンボは水田耕作において害虫を食べる益虫であり、特に人間にとって害がない為、日本では昔から大切にされてきた現れのようでもあります。

お盆は日本人にとって最大の仏教行事でもあり祖先の霊を供養することは大切な事です。


ひょっとしたら今年は家の中に大きなトンボが舞い込んでくるかもしれないので見た時はご先祖様と思い優しく語りかけて見て下さいね。

まとめ

トンボ 縁起 良い 幸運 勝利



トンボは日本人にとっては縁起の良い昆虫として古くから知られており、俊敏で後戻りせずに一直線に飛ぶ様子から勝虫と呼ばれ、戦をしてきた戦国武将たちからも愛されてきました。


また、勝負事だけでなくお盆には先祖の霊を送り迎えをする遣いと伝えられ、スピリチュアル的な話もあります。


本当かどうかはわかりませんが、信じる事で祖先の霊を供養するきっかけにも繋がる事を考えると、どうやら幸運をもたらす昆虫である事は確かな事かもしれませんね。


そんなトンボは、海外ではドラゴンのように邪悪な存在として忌み嫌われており、日本とは真逆なイメージで捉えられている事に驚きを感じます。

トンボの寿命は蝉と同じくらい短く、限られた短い生涯の中で精一杯自分の子孫を残して一生を終えてしまいます。


そんな儚い生涯を考えるとスピリチュアルな言い伝えは本当だと信じていたいですね。

以上、トンボは縁起が良い虫ってほんと?幸運や勝利をもたらす?についての解説でした。


よかったらこちらの記事もどうぞ♪

スポンサーリンク