いびき うつぶせ寝 かかない



人によって寝方は様々ですが、皆さんはどんな寝方をしていますか?

恐らく仰向きや横向きが大半を占めると思いますが、ある研究報告でも1位が仰向き、2位が横向きとされているほど仰向けと横向きが絶対的に多く全体の9割を占めるとも言われています。

しかし、いびきをかく人にはこの仰向けで寝る事は更にいびきを悪化させることにもなり肥満体型の人などは無呼吸症候群になりやすい為、注意が必要になります。

巷では、いびきをかく人はうつぶせに寝ると改善されると言われていますが、実際には効果があるのでしょうか?

また、うつぶせ寝を行ったときのメリットやデメリットなどにはどんな事が考えられているのでしょうね?

今回は、そんないびきの改善にうつぶせ寝が良いってホントなのでしょうか?

また、そのメリットやデメリットなどを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜいびきをかくの?

年齢的に同じであってもいびきをかく人とかかない人がいて、酷い人の話だと家中に響き渡るほどの高いびきで家族は連日寝不足が続いていると言う人もいるほどです。

しかし、何故いびきをかくのでしょう・・・?

そもそもいびきとは、何らかの原因で上気道が狭くなることで空気の通りが悪くなる為に起こりやすくなる症状ですが、酷くなると呼吸が時々止まる場合もある為、簡単には考えられない症状になります。

その気道が狭くなる原因としては以下のような事が考えられています。

・加齢の為

気道周りの組織や筋肉が弱くなって喉の下に垂れやすくなる為、気道が狭くなります。

・肥満の為

気道の外側だけでなく内側の部分にも脂肪が付くことで上気道を圧迫して空気の通り悪くしてしまいます。
特に睡眠時無呼吸症候群の原因にもなる為、注意が必要です。

・扁桃が大きい為

風邪などが原因で大きく肥大してしまった扁桃が気道を狭くすることで、いびきの症状を引き起こしてしまいます。

・口呼吸を行う場合

慢性的な鼻炎や鼻づまりの症状があると自然に口呼吸になる為、寝ている間に舌が喉に沈みやすくなり気道が狭くなります。

・飲酒

飲酒によって筋肉が緩みやすくなる為、いびきの症状も起きやすくなります。

スポンサーリンク

うつぶせで寝るといびきが軽減される!?

会社の慰安旅行の際にはいびきがあまりにもひどすぎて夜中に布団毎廊下へ移動されており朝目が覚めたら一人で廊下に寝ていた・・・と言う話を聞き大笑いしましたが、本人や周りの人たちにとっては笑い話ではないのかもしれませんよね。

実際、いびきに対しての専用グッズなども出回るほどですから悩みを抱えている人は多いのかもしれません。

人によって寝る形は様々ですが、多くは仰向けで寝る人が多く、人間の進化の過程で四足歩行から二足歩行に変わったと同時に身体の構造も変わり、寝る形も仰向けに寝るのが相応しい作りになったと言われています。

しかし、この仰向けで寝る事が問題であり、口や鼻が上を向く事になる為、当然ながら寝ているうちに舌が喉の奥に落ち込み上気道を狭くしてしまう事でいびきをかく人が増えたと言われています。

その為、仰向けよりもうつぶせ寝の方が喉の奥に舌が落ち込む事がない為、いびきは軽減できると言う論理になります。

つまり、いびきを軽減させるためにはあおむけ寝よりもうつぶせ寝の方が良いと言う説は本当だと言う事になります!

うつぶせ寝以外でいびきを改善させる方法は?

いびきは、喉の気道が狭くなることで空気の通りが悪くなるために起きます。

通りが悪くなると言う事は、空気抵抗が大きくなり呼吸することで粘膜が振動していびきの音が出ると言うメカニズムから成るものですが、それを回避できる寝方がうつぶせ寝になります。

また、それ以外では横向き寝も効果があり気道に隙間が出来るため、空気の通りも良くなりいびきの症状は軽減できます。

しかし、寝る姿勢によって熟睡できる事は人によっても様々である為、横向きで寝る事が寝にくいと言う人もいます。

そんな時は、抱き枕などを使う事でリラックス効果もある事からストレスも軽減される為、睡眠の質を向上させる事が出来ます。

また、いびきで悩む人も多い事から様々なグッズなども販売されており、テープやサプリメントなどを使う事も効果的です。

更に口呼吸を行う事が習慣化されると寝ている間も口呼吸になりいびきをかきやすくしてしまいます。

その為、鼻呼吸を習慣化させる事で、いびきの改善にも繋がる為、慢性的に鼻づまりの症状がある人は早めに治療する事が大切です。

スポンサーリンク

うつぶせ寝のメリット・デメリットは?

どんな寝方にも良い面と悪い面は付き物であり、何よりも質の良い睡眠がとれればそれがその人にとって一番良い寝方になりますが、いびきをかいている場合は身体に十分な酸素も行き渡らない事が多く寝ていても疲れがとれず、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす事も考えられることからいびき対策は必要になります。

その寝方にはうつぶせ寝が効果的と言われており、気道が塞がらない事から短時間でも体が休まり疲れもとれやすくなる為、上質な睡眠が期待できます。その為、睡眠時無呼吸症候群の予防にも繋がりいびきの改善にもなると言われています。

しかしその反面、顔が横向きになることから歯並びの悪さ、又は頸椎や脊椎などを痛めるなどのデメリットも数多くある事も確かな事です。
うつぶせ寝のメリットやデメリットは以下の通りです。

◎メリット

・いびき改善
・腹式呼吸のため、自律神経が安定する、又呼吸が楽になる
・睡眠の質が上がる
・疲労回復

◎デメリット

・腰痛や肩こりの原因になりやすい
・顔を横に向けて寝る為、頸椎を痛めやすく首のこりも起きやすくなります。
・自然と口呼吸が多くなりよだれが出やすくなります。
・胸を圧迫する為、苦しくなる。
・顔の歪みや歯並びが悪くなりやすい
・女性の場合はバストの型崩れなどが気になる

等など・・・どちらかと言うとデメリットの方が多いかもしれませんが、眠りは一日の疲れやストレスを解消する為、自分に合った眠り方が一番良いと思われます。

また、うつぶせ寝に便利なグッズなどもたくさん販売されている為、使ってみる事も一つの方法になります。

スポンサーリンク

おすすめの枕はどんなもの?

うつぶせで眠るときに鎖骨の下や脛の全面に薄手のクッションなどをしくと体が安定して心地よく眠れると言われているほか、うつぶせ寝専用枕もあり使う事で快適な睡眠が得られると評判も良いようです。

うつぶせ寝の専用枕には、仮眠用と熟睡用の2種類がありどちらも快適な睡眠が期待できるようです。

その枕は以下のようなものになります。

昼寝の仮眠用には、ビーズなどが入って自分の身体にフィットしてくれるものなどがお薦めできます。
・王様うたた寝枕
・ロフテーデスクピロー

夜用に熟睡タイプの枕には、蒸れにくいようにメッシュタイプの物や肩をサポートできるものなどがお薦めできます。
・フセロMiNi705312
・テンピュールオンブラシオピロー

まとめ

寝る形には仰向けや横向き、又はうつぶせ寝とありますが、どの寝方でも自分にとって最高の快眠ができる寝方が一番良いと言えます。

いびき改善には仰向けで寝るよりも横向き、或いはうつぶせ寝が舌などで気道を塞ぐ心配がない為、いびき改善に繋がると言われています。

しかし、どんな寝方にもメリット、デメリットがあり全ての人に楽な寝方とは言えないようです。

その為、うつぶせ寝専用枕や横向き寝が快適になる抱き枕などの専用グッズも多くあるので上手に使っていびきを改善することも良いでしょう。

いびきは、家族や周りの者を不愉快にさせるだけでなく自分の健康面にも悪影響をもたらす事になる為、早めに改善することは大切な事です。

以上、いびきの改善にうつぶせ寝が良いってホント?メリット・デメリットの紹介でした。

スポンサーリンク