台風 サイクロン ハリケーン タイフーン 違い



台風と言えば、夏から秋にかけて次から次へと湧いてきては日本列島、又はその他の大陸に「甚大な被害」と言うお土産を置いていきます。

とにかく、招いたわけでもないのに勝手にきてしまう迷惑な客と言う感じですが、地域によってはハリケーン、又はサイクロンと呼んでいる所もあり、またタイフーンと言う呼び名もあるようです。

なぜこのように呼び名が違うのでしょうね?また、その違いはどんなところにあるのでしょう。。。?

今回は、台風とサイクロンとハリケーンの違いについて解説いたします。

スポンサーリンク

台風とサイクロンとハリケーンの違い!

多くの日本人が知っている台風は、夏から秋にかけて発生することが多く強風域や暴風域を伴って日本列島に大きな被害をもたらし、様々な災害の爪痕を残していきます。

その勢力は年々大きくなり災害も甚大である事は記憶に新しいところですが、台風は日本だけでなく世界中でも発生しており、その被害は日本を超えるほどスケールの大きなものになります。

台風やサイクロン、又はハリケーンとそれぞれ呼び名は違いますが、全ては熱帯の赤道付近で発生する熱帯低気圧の事であり、そのうちの勢力が強い物が発生する場所によって台風、サイクロン、もしくはハリケーンと言う呼び名になっているようです。

因みに台風は渦を巻いて勢力を最大にしますが、この回転の向きは北半球では反時計回りになり、南半球では時計回りと北と南では向きが違い、衛星写真などで見ると渦の中心にはくっきりとした目がある事が分かります。

これを見ると途轍もなく大きな嵐が来るようで不気味にも感じとれますよね

スポンサーリンク

台風とは?

台風 サイクロン ハリケーン タイフーン 違い



台風は、熱帯低気圧が発生する地域とその勢力によって呼び名が変化し、風と空気が移動する風速の強さなどでも勢力の違いがあり、その単位は日本基準では(m/s)、国際基準ではノット(kt)で示されます。

風力はハリケーンやサイクロンが圧倒的に強く日本に上陸する台風などとは比べ物にならない強さになります。

台風は、熱帯低気圧のうち太平洋北西部、又は南シナ海で発生した物で、最大風速が日本基準の17m/s以上の物を指し、日本やアジアなどの国が被害に遭う事が多いです。

サイクロンとは?

サイクロンは、熱帯低気圧のうちインド洋北部、南部、太平洋南部で発生した物で主にインド洋、オーストラリア近海に発生することが多いです。最大風速が64ノット以上、日本基準では33m/s以上の物と言われていますが、確実なところは分かっておらず確たる定義はないようです。

スポンサーリンク

ハリケーンとは?

ハリケーンは、熱帯低気圧のうち大西洋の北部、南部と太平洋北東部、太平洋北中部で発生した物で、最大風速が64ノット以上、日本基準で33m/s以上のものを指します。

このようにそれぞれ発生する場所や風速などで呼び名が変わるわけですが、日本に上陸する台風が最近では世界規模に近い勢力に増している事が気になりますよね。

ハリケーンの恐怖

台風やサイクロンの名前をつけるのは誰なの?

台風 サイクロン ハリケーン タイフーン 違い



日本では台風の後ろに1号や2号と付けて表していますが、アメリカに上陸するハリケーンなどは女性の名前が付いていたりすることがありますよね。

この名前は誰がつけるのか気になる事はございませんか?

実は、名前を付ける方式には番号制とリスト制があり、台風などは気象庁+海上保安庁+環境庁のような台風委員会加盟国14か国で決められており、予め決められている140個のリスト名から台風が発生した順番に番号をつけて、1巡したら元に戻ると言う事を繰り返しています。

しかし、大きな被害をもたらした台風などは台風委員会が名前を変更する事もあります。

また、サイクロンなどは、名前を募集して決めている為、オーストラリアに住む人が命名しており、中には日本人の名前などもありますが規模と発生場所によって呼び名が変わってきます。

因みにハリケーンは世界気象機関(WMO)と言う組織の中の委員会で決められるようです。

スポンサーリンク

タイフーンと言うものもある?

台風の中でタイフーンと言う名前を聞いたことはありますか?

タイフーンも台風と同じ熱帯低気圧が勢力を増したものですが、特に東アジア周辺の太平洋および南シナ海の赤道より北側で発生した熱帯低気圧が東経180度よりも西側に進んだ場合をタイフーンと呼び、最大風速が33m/s以上のものを指しています。

その為、台風よりも雨、風が強いことからハリケーンが勢力を保ったまま東経180度より西に移動してきた台風とも考える事ができますが。。。

まとめ

台風 サイクロン ハリケーン タイフーン 違い



毎年、夏から秋にかけて台風が発生し、日本列島に甚大な被害を及ぼしていきますが、昔と比べると発生する頻度や勢力などが増しており、これにはハリケーンなどが勢力を保ったまま西寄りに移動したと考えられ、タイフーンなどはまさにこの現象とも言えますよね。

世界的にも温暖化傾向が強まり気象などにも大きく影響している事は確かです。

台風に対する見方も変えていく必要があると思うのは私だけでしょうか!

以上、台風とサイクロンとハリケーンの違い!分かりますか?についての解説でした。


よかったらこちらの記事もどうぞ♪
松葉杖を雨の日に使うには?傘・レインコート・滑り止めについて解説

スポンサーリンク