松葉杖 雨 レインコート 傘 滑り止め



骨折経験はありますか?


骨折とは、その名のとおり、骨が折れることですが、足の骨が折れると厄介ですね。


なぜなら、歩くときにバランスが悪くなり、転ぶかもしれません。そのため歩く補助として松葉杖を病院は貸し出してくれます。


筆者は中学の頃鬼ごっこをしていて道路で転び、右膝を骨折。そのとき松葉杖のお世話になりました。^^;


骨折以外でも靭帯損傷や捻挫になった時も補助として大事な役割が松葉杖ですね。


しかし、松葉杖は自分の足を保護してくれますが、結構大変なんです。脇で支えて歩くので体重のかけ方によっては、肩こりがひどくなったり、姿勢が悪くなったりします。


リハビリや整形外科で使い方指導をしますが、自分の癖がつく方が多いですね。

松葉杖を雨の日に使いたい!

そんな松葉杖生活。

生活を送った経験がある方は、ご存知かもしれませんが、松葉杖があるから安心!と言うわけではありません。


家で使うには段差があってしんどいですし、外出するときも階段や段差が危険です。

さらに雨の日になると危険は増します。道路や玄関など濡れており、松葉杖が滑って転倒する可能性があるからです。


病院でも雨の日の松葉杖は、気をつけるようにお伝えするところもあります。2次事故を防ぐためにも無理な松葉杖の使い方はできませんよね。


ただ、お仕事やどうしても出かける用事はあります。

病院予約でギブスが外れるかも?という日に雨が降ることだってありますね。


仕事で自分の代わりがいないとき、松葉杖でも仕事に出る必要があります。天候なんて気にして入られません。


雨の日も松葉杖が使いたい!


いえ、使う必要があるときがあるのです。

レインコートを着て使える?

松葉杖 雨 レインコート 傘 滑り止め



では、雨の日に松葉杖を使うには、どうしたらいいのでしょう?


レインコートの中に松葉杖を入れて、雨に濡れないようにするのはどうでしょう?

確かに、松葉杖は濡れませんが、足元が見えにくくなります。


さらに、服を一枚羽織った状態なので、いつもより手の動きも制限されます。

しかも雨で地面は濡れていることにかわりありませんので、足元が見えない分、段差や滑りやすいタイルなどいつも以上に注意する必要があります。


ちなみにレインコートの上から松葉杖を使っても危険度は変わりません。

レインコートを着て「そのまま松葉杖を使用すること」は、あまりおすすめしません。転倒を招く可能性が高くなります。

傘は使わないほうが良い?

では、松葉杖で雨の日に傘をさして歩くのはどうでしょう?


脇に松葉杖があり、手には傘・・・・


これは、非常に危険です。


どうしても、というときは、知り合いに傘をさしてもらって歩きましょう。


松葉杖で手の動きも制限がある中、さらに傘を持つと、ちょっとしたことで転んでしまいます。先にお話しましたが、松葉杖を使っていると、体重のかけ方が変わってしまします。


雨の日に傘を差して歩くことは、体重バランスをさらに崩すことになるので、何の段差もなくとも、転ぶ原因を傘自体が引き起こします。

滑り止めを使おう!!

松葉杖 雨 レインコート 傘 滑り止め



では、雨の日にお出かけすることがあったらどうしたらいいのでしょう?


100%安全と言い切れませんが、松葉杖には専用の滑り止めがあります。


天候に関係なく、松葉杖が滑りやすいタイルや階段、段差などがあります。


日常でも役に立つのが松葉杖の滑り止めです。


代表的なものに「滑りにくい安全先ゴム」という商品があります。直径にあわせて14ミリ、16ミリ、18ミリがあります。


松葉杖の先にあるゴム製のキャップを安全先ゴムに換えるだけです。


お値段は、1つ1500円前後です。2つで3000円超えるので、松葉杖の期間がどのくらいかかるのか?ご検討してください。


上記しましたが、100%安全ではありません。滑り止めをつけても滑ることもありますので、気をつけて使用してください!!


濡れた床に対して、通常底のゴムと比べてます!!

雨に日の注意点

雨の日の松葉杖の注意点ですが、松葉杖が滑りやすい場所として、工事現場の鉄板、マンホールの蓋やタイル、点字ブロックや大理石、公衆トイレの床などすべる可能性があります。


あの日に限らず、このような場所は避けることをおすすめします。


雨の日は、できるだけ外出を控えるか、外出の際は家族や友達に力を借りて、傘を差してもらったり、体を支えてもらうことです。


タクシーを利用する手段もあります。雨に濡れない屋根があるところで乗り降りすることで松葉杖での危険性を下げてあげましょう。

まとめ

松葉杖 雨 レインコート 傘 滑り止め



足の骨折など、怪我したときに松葉杖は、大事な歩行手段です。


相棒です。

ただ、やはり気をつけなくてはいけないことは、たくさんあります。


雨に限ったことではありません。早く治すために大事な松葉杖です。


なるべく無理なシチュエーションは避けて、体や足への負担を軽減して、回復を待ちましょう。

スポンサーリンク