同伴 同行 帯同 随行 違い 使い方



日本語を駆使するようになってかなりの年月が経過していますが、たまに「日本語って難しいな」と思う事があります。

同じ日本語でもイントネーションが違えば意味が変わってくる言葉ってありますよね。


例えば「飴と雨」、この様に文字に書くと違いは分かると思いますが口頭で伝えられた場合、自分が思っている「アメ」のイントネーションが若干違うと「あれ、どっち?」ってなる場合もあるかと思います。

まあ勿論、前後の文の流れでだいたい把握は出来るかと思いますが、この様な言葉って色々あるかと思います。


いま紹介したのは「同じ文字・同じ言葉」でしたが、漢字や読み方が違うけど「これ同じ意味じゃないの?」って思う言葉も幾つかあります。

そこで今回はそんな「言葉」について、気になる言葉をピックアップして皆様にお伝えしたいと思います。


では今回どの様なワードをピックアップするかと言うと、「同行」と「同伴」、「帯同」「随行」についてです。

それぞれ同じような意味合いだと言う事は何となくご理解頂けるかと思うのですが、その「何となく」理解している部分を少しでもスッキリ出来れば、と思います。


それではどうぞ!

スポンサーリンク

同行の意味

まず「同行」と言う言葉の意味から説明していきましょう。

「同行」と言う言葉を辞書で調べると下記の様な事が書かれています。


【一緒に連れ立って行く事、また、その人。】

【主たる人に付き従って行く事。】


との意味が書かれています。

簡潔にどういう意味かと説明すると、誰かとどこかに行く事、を指している訳ですね。

この言葉を使うシュチエーションは会社勤めしている方なら多く使うのでは無いでしょうか?


私も主婦になる以前に勤めていた経験がありますが、その時にこの言葉はよく耳にしました。

上司と一緒に取引先に行く時なんかに、「〇〇課長と△△まで同行させて貰います」、なんて使い方しますよね。

「同行」と言う言葉の意味、使うシュチエーションはこんな感じです。

スポンサーリンク

同行と同伴は違う?

同伴 同行 帯同 随行 違い 使い方



では次は「同伴」と言う言葉についてみていきましょう。

上で紹介した「同行」って言葉と同じような意味だと思われますが、「同行」と「同伴」は意味が違うのでしょうか?


双方の違いを理解する為に、まずは「同伴」の言葉の意味を調べましょう。

「同伴」と言う言葉を辞書で調べると下記の様な事が書かれています。


【一緒に連れ立って行く事。】


んん、さっきの「同行」と同じ事が書かれていますね。

しかーし、よーく見るとその後ろにこう書かれています。


【特に、男女が連れ立つ事。】


即ち、男性と女性が一緒に行動する事を指す意味合いが強い言葉、と言う訳ですね。

まあ確かに、水商売関係ではよく使う言葉ですよね。

「〇〇のキャバクラ嬢とこの後同伴する」だとか、「△△のホストと同伴した」、みたいな文を聞いたり見たりした事が多々あるかと思います。


「同伴」と言う言葉の意味上、水商売関係で使う事の多い言葉と言う事ですね。

従って、「同行」と「同伴」の違いは?となると、基本的な意味は同じだが使うシュチエーションによって変わってくる、と言う事になりますね。

スポンサーリンク

同行と帯同の意味は違う?

ここからは「同行」と「帯同」の意味の違いについてみていきましょう。

「同行」の意味は調べたので「帯同」の意味を調べてみましょう。

「帯同」とは下記の様な意味になります。


【一緒に連れて行く事。】


これまた、「同行」と同じ様な意味になりますが、ここには微妙なニュアンスの違いが込められています。

端的に説明すると、「帯同」はどちらかと言うと自分主体であり、「同行」は一緒に行って貰う、相手に付き添って貰う、と言う意味合いが強いです。


自分がメインで誰かを連れて行く場合は「帯同」であり、自分以外の相手がメインで付いていくだけであれば「同行」と言った違いになります。

随行はどう?

同伴 同行 帯同 随行 違い 使い方



では最後に「随行」と言う言葉を見ていきましょう。

普段あまり、「随行」って言葉は使う事無いかと思いますが、何となく言葉の意味って分かりますよね?


一応、「随行」の言葉の意味も調べておきましょう。

「随行」の言葉の意味は下記になります。


【供として付き従って行く事。また、その供の人の事。】


と書かれています。


言葉の意味として大枠で考えると同じ様な感じですが、言い方が今までと異なっていると言う点が見えてきますね。

簡潔に説明すると、自分より目上の人や地位の高い人に付き従う、と言った感じですね。

なので、明確な主従関係が分かる際に使う事が多いです。

スポンサーリンク

まとめ

同伴 同行 帯同 随行 違い 使い方



今回は「同行」と言う言葉をメインに、それと似た様な意味の言葉をピックアップして違いについてご紹介してきました。

全て同じような意味ではありますが、使うシュチエーションや細かなニュアンスが変わってくると言う事がお分かり頂けたかと思います。


普段何気なく使っている言葉でも、よく意味を調べると微妙に違いがあり非常に面白い部分だと思います。

若干国語の勉強の様な感じになりましたが、たまには学生時代を思い出してこういうのもいいのでは無いでしょうか(笑)。


以上、同行と同伴の違いは?帯同や随行との違いも解説でした!!


よかったらこちらの記事もどうぞ♪
年号と元号の違いは?「昭和」や「平成」の由来や歴史も解説

0時と24時の違いは?午前と午後どっちなの?

スポンサーリンク