パンプス 100均 かかと 脱げ 防止



季節が替わると新しいパンプスに履き替える方も少なくないと思います。

とくに仕事でパンプス着用が義務付けられていると、一足だけでは足りずに数足常備されていることでしょう。


新しいパンプスは履き慣れるまで時間がかかるため、ついつい履き慣れた方を使用することが多いと感じる方もいらっしゃるはずです。

履き慣れないと感じる一番の理由は窮屈さ、次にかかとがやけに脱げやすく感じることだと思います。


購入する時試着したはずなのに……と合わないことに苛立ちを感じたことも少なくないと思います。

そこで今回は合うパンプスを買ったはずなのに、なぜかかかとが脱げてしまう――そんなお悩みを解決するグッズなどをご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

パンプスのかかとが脱げる!

かかとが脱げてしまう一番の原因は、やはり足のサイズとパンプスのサイズが合っていないからです。

試着した時は足の浮腫みが酷くなる夕方以降とかではなかったでしょうか。

そういう時に試着してしまうと、本当のサイズより大きいパンプスを選んでしまっている可能性があります。


もしくは足の浮腫みを意識して気持ち小さめのパンプスを選んでしまった時も、かかとにフィット感がなく脱げてしまいます。

大きすぎても小さすぎてもダメということですね!


もうひとつかかとが脱げてしまう原因があります。

パンプスのかかとの高さがある場合、重心がつま先に集中してしまい、かかとの方に隙間ができてしまうためです。

スポンサーリンク

緩い靴を履くことの弊害にはどんなものがある?

パンプス 100均 かかと 脱げ 防止



自分の足に合った靴を履かないと、いろいろ問題点が発生してきます。

その中でもキツイ靴より緩い靴の方が危険とも言われています。

緩い靴を履くとどんな弊害があるのでしょうか。


まず、靴の中で足が動いてしまうので、普段ならかからない箇所に重心がかかりタコができやすくなります。

また外反母趾にもなりやすくなり、足にかかる負担は増えるばかりです。

結果、より足が浮腫んだり疲労が溜まったりしますし、それらを回避しようと変な歩き方をするようになり膝を痛めることに繋がります。

すると今度は膝の痛みを庇うような歩き方をしてしまうので、腰痛や肩こり、酷くなると頭痛を伴うこともあると思います。

かかとが脱げるときにおすすめの100均グッズは?

定番の中敷きをまず試してみましょう。

中敷き 100均 インソール

中敷きは前に滑ってしまうことも防止してくれるので一石二鳥です。


もうひとつは「かかとストッパー」です。

100均 パンプス 中敷き

100均のお店(ダイソーやセリア等)によっては違った名称で売られていることもありますので、見当たらないときは店員に訊いてみましょう。

こちらはパカパカしてしまうかかとの脱げを完全に防止してくれる優れものです。

スポンサーリンク

前に滑ってしまうときにおすすめの100均グッズは?

前滑りしない用のジェルが体表的なアイテムだと思います。

100均 中敷き インソール



つま先の方に貼るたけで、靴の中で足が前に滑っていくのを阻止してくれます。

夏場、ミュールを履くときの滑り防止として使っている人も多いのではないでしょうか。

夏場は汗での滑りですが、効果は同じです。


あと靴用ではないのですが、100均で売っている耐震マットがかなりの優れものであると口コミが広がっています。

こちらはつま先に貼るのではなく、かかとの方に貼ることで前に滑っていくのを防止してくれるとのことです。


耐震マットによるストッパーの作り方♪

100均以外でおすすめのバンドやパットは?

パンプス 100均 かかと 脱げ 防止



パンプスにはバンドのついたものとついていないものがあります。

バンドのないパンプスを購入した後で別売りのバンドをつけることが可能です。


画期的なバンド♪

デザイン性も豊富ですので、ご自身の足や靴に合うバンドを見つける楽しさもあると思います。

ほかにも、かかと脱げ防止パットや靴擦れ防止パットなどが販売されています。


しっかりとしたかかとストッパー♪

いずれも100均で手に入る物よりしっかりしているため価格は張りますが、それ相応の効果が期待できそうです。


様々なグッズでパンプスのトラブルを解消♪

スポンサーリンク

パンプスの横幅の調整でおすすめのものは?

左右で足のサイズが若干違うことはよくあることです。

既製品の場合、どちらかに合わせるしかありませんので、片方だけ妙にきつく感じたり緩く感じたりすることも少なくありませんね。


そんな時は靴屋さんで調整してもらうのが一番なのですが、できるだけ手軽かつ安く済ませたいときなどにおすすめできるものをご紹介します。

靴のストレッチャーというものを使って、狭く感じる横幅を広げていきます。

革製であればいずれ伸びていくのですが、それまで待てない時などにこちらを使用してみましょう。

ストレッチャーによる伸ばし方♪



そして、靴の柔軟剤スプレーなどを使い、硬い皮を和らげて履きやすくするという方法もあります。

逆に緩すぎて困る横幅の時は、滑り止め防止のジェルを使うなどして、足が遊ばないようにしましょう。

横幅の調節は、きつい方の調節の方が合わせやすいと感じます。

まとめ

パンプス 100均 かかと 脱げ 防止



どうしてもパンプスでなくてはならない、物色している時間がない、だいたいそういう時は葬儀や通夜の時などです。

合わせて買ったはずなのに、かかとはパカパカいうし、真新しい靴なので足が早々と浮腫んでしまい、きつくて辛い思いをしたばかりでした。

そこでとても役立ったのが100均アイテムでした。


靴用以外にも使えるアイテムがあることを知りましたので、次回似たようなことになったら使ってみようと思います。

本当は、自分の足にちゃんと合った靴をオーダーメイドで作るのがよいのですよね。

わかってはいるのですが、機能性よりデザイン性を優先してしまったり、価格の問題などから既製品を選択してしまいがちです。


しかし合わない靴を履くことで発症してしまう病などを知ると、たかが靴と言ってられない怖さがあります。

仕事で長時間履く靴には、もう少し自身の体を労われるような靴選びをしたいかな……と感じました。

以上、パンプスのかかとの脱げ防止などに役立つグッズの紹介でした。

スポンサーリンク