カイガラムシ 駆除 薬剤



春の季節を迎えると、新しいことを始めたくなることってありませんか。

またはひと冬越した花が咲くのを楽しみに日々の世話をする方もいるでしょう。


ところが、そんな楽しい気持ちを台無しにしてしまう厄介な虫がいるのをご存知でしょうか。

代表的なのがアブラムシだと思いますが、実はカイガラムシという虫もアブラムシに引けをとらないくらい厄介な存在なのです。


今回はそんなカイガラムシの駆除や対策の方法を簡単にまとめていきたいと思います。

そもそも、カイガラムシとはどんな虫なのでしょうか。

スポンサーリンク

カイガラムシにはどんな種類がいる?

カイガラムシは種類の多い虫として知られています。

世界中に約7300種類ほどのお仲間が存在しています。


日本にも400種類くらいが発見されており、マルカイガラムシ科・ワタフキカイガラムシ科・コナカイガラムシ科・ハカマカイガラムシ科・カタカイガラムシ科などが比較的多くみられています。

カイガラムシの卵・幼虫の発生時期は?

カイガラムシ 駆除



カイガラムシの卵や幼虫が発生する時期は5月~7月にかけてです。

夏場になると繁殖し秋・冬になるととても厄介な成虫になってしまいます。


発生予防と駆除について♪

スポンサーリンク

どのくらいで成虫になる?

秋~冬にかけて成虫になるので、幼虫から成虫までの期間は3カ月前後くらいです。


種類によっては多少の誤差があるかもしれません。

室内のカイガラムシ駆除に牛乳は効果的?

カイガラムシ 駆除



牛乳を使った駆除はアブラムシの駆除方法として使われることが多いようです。


原理としては、牛乳を霧吹きなどで駆除したい対象に吹きかけて乾くと、膜ができて窒息させることができる……というものです。


しかし、この方法は小さい虫にはとても効果的ですが、カイガラムシほどの大きさになるとあまり効果を期待できそうにありません。

さらに照りツヤがある虫の場合は、吹きかけた牛乳を弾いてしまいますので、乾くまでしっかりと付着させるのが困難です。


では効果が全くないのか……それは実際にやってみなくてはわかりません。

なにを基準にして効果があったのか、なかったのかはご自身で体感していただくしかないからです。

大量に牛乳を吹きかけると、臭いが充満してしまいますので、吹きかける量はほどほどがよいかと思います。

スポンサーリンク

室内のカイガラムシ駆除に酢は効果的?

はいろいろと除菌効果などが期待される液体ではあります。

しかし牛乳に引けを取らない臭いがありますので、室内では不向きかもしれません。

またカイガラムシの成虫のように殻のような状態になってしまうと、吹きかけた酢がしかっりと付着せず、効果を期待できないことの方が多いかと思います。

木酢液は効果的?

カイガラムシ 駆除



牛乳、酢ときて次は木酢液の効果ですが、すでに記述してありますように、カイガラムシの種類によっては吹きかけた液を弾いてしまいますので、実際のところあまり効果はありません。

特に白いカイガラムシには効果がなかったというご意見を多々見かけますので、本当に効果がないのでしょう。


駆除したいカイガラムシの種類を知ることで対策を考える必要がありそうです。

木酢液は臭いが独特で、苦手な方もいらっしゃると思いますので、室内で使用する際は喚起などの気遣いを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

カイガラムシの駆除におすすめの薬剤・農薬は?

それではいったい、カイガラムシにはどんな薬剤が効果的なのでしょうか。

住友化学園芸カイガラムシエアゾール

カイガラムシ 駆除



カイガラムシ用のスプレー式薬剤で、1年中カイガラムシ対策に使用できます。

殺虫効果は1カ月ほど、成虫になる前に殺虫と防虫を兼ねてスプレーしておきましょう。

オルトラン水和剤

カイガラムシ 駆除



駆除と防虫、ふたつの効果が得られる農薬です。

持続期間も長く、また計量する必要もないのでお手軽です。
オルトラン水和剤



それぞれ、カイガラムシに効果があるのですが、使用できる樹木が異なりますので、どの樹木に寄生しているカイガラムシを駆除したいのかを確認してから使用することをおすすめいたします。

その他の薬剤によるカイガラムシ駆除について♪

カイガラムシの駆除を業者に頼むことができる?

調べた所、カイガラムシを専門にやっているところというのはほとんどないように思います。

シロアリの駆除、その他の害虫の駆除と主にやっている業者さんが多いので、見積もりの際に相談するとよいでしょう。

こちらのsmaileガーデンさんは、庭の木やプランターの木などの消毒・駆除を徹底してやっているようなのでおすすめです♪

まとめ

カイガラムシ 駆除 薬剤



駆除には適した時期があります。

カイガラムシは成虫になる前、卵や幼虫の時に駆除するのが最適とされています。


卵や幼虫の時なら、成虫時より牛乳や木酢液も効果が期待できそうな気がします。

試してダメだったら専用の薬剤や農薬を使う、そんな方法もあるかもしれません。


地道に歯ブラシや手でカイガラムシを取り除くこともできるようなので、早期発見することも手間をかけずに駆除する方法のひとつかもしれませんね。

以上、カイガラムシ駆除に役立つ薬剤や方法などをまとめてみました。

こちらの害虫駆除についても参考にしてください♪
ヒメマルカツオブシムシの卵・幼虫・成虫の駆除方法について徹底解説

スポンサーリンク